スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
出会いがある=別れがある
添乗員になって、ある程度添乗員を続け、なんで添乗員の仕事が楽しいんだろう??って考えたことがありました。

・いろんなところにいけるから
・お客様が好きだから(私はあえて接客がスキとはいいません)
・多くの人に出会えるから

3つ目の理由。
多くの人に出会えるから

以前は、これをプラスと思っていました。

でも、最近は、マイナスに感じてしまうことも多くあるんです。

出会いがある=別れがある

別れがツライ。本当にツライ。。

昨日も、ある添乗員さんとの別れがありました。

何ヶ月か前に、大好きだった所長が、会社を辞められました。
突然メールが来て、退職することになった、と。

私にいろいろと教えてくださった社員の人も、違う営業所にいってしまったりもした。

私のミスでお客様をツアー中に待たせてしまったとき、
「いいのよ、今日はあなたの厄日だったのよ、気にしないで」
といってくれて、帰り際にツアー中に買ったカステラをプレゼントしてくれたお客様。
今でもそのカステラの中に入っていた「大吉」のおみくじは大切にしています。
私の励みになっています。

気づけば、同じ時に研修を受けて、一緒に添乗員になった人たち、つまり、同期の添乗員も、7人いたのが今や私を含めて3人。

別れがある、そう分かって、人と出会うのはツライ。


こんなんじゃ添乗員を続けていくのも不安になってしまいました。

*暗い内容でスイマセン・・・。でも、昨日からこのコトしか考えていないんですょね。
スポンサーサイト
【2005/10/03 16:10 】
添乗記 | コメント(5) | トラックバック(0)
<<平和は訪れた?? | ホーム | 出愛 その2>>
コメント
逢うは別れのはじめ・・・・
と言いますが
例え、「さよなら」してもいつまでも心の中には、相手の存在が生きているものです
いい出会いをした時ほど、心に残るものです

例え、1日のお付き合いであっても「すでに、何千人と言う人があなたの存在を知っている」わけです
そして、あなたのことを記憶に留めている人も同じくらい存在するのです

普通の仕事では、短期間でこんなに多くの人に出会う・・・なんてありえないことです

こんな素敵な職業が他にあるでしょうか?

お互い頑張りましょうね
【2005/10/03 19:42】
| URL | Aikana #-[ 編集] |
ありがとうございます。
確かに、私という人が、たくさんのお客様の記憶にある、と思うと、本当にこの仕事はすばらしい!と思えます。

お客様に頼まれて、一緒に写真をとったりすると、この方のアルバムに私の顔がはいるのかー・・・
と、半分照れくさく、でも、うれしいんですよね。

「さよなら」してもいつまでも心の中には、相手の存在が生きている。

なんだか、心にしみました。

励みにがんばります!

さてさて、来週はドコに行くのかな♪
【2005/10/04 13:21】
| URL | えび #-[ 編集] |
人は人と出会い別れるたびに強くなる。

って言うじゃない?だから出会いも別れも自分が成長してるってことなんだよ。きっと。

この年で変化を嫌っちゃダメだよ。

今俺も変化の時期にきてるんだと思う今日この頃です。
【2005/10/05 23:20】
| URL | ゆーき #-[ 編集] |
あんまり出会いとか別れとか意識しないかも。
どこかでつながってる、つながろうと思えばつながれる!って信じてやまないオバカさんだから!?
別れても、あんまり別れだと気付いてないのかも。
ネットとか携帯とか、なんでもある時代だから。。。(^^;)
でも、別れとかわかってる人のほうが、人のこと大切にできそうだね。
まだまだ人間浅いってことかなっ?!
特にお客様と出会う・別れるていう感覚は感じたことないかも。やっぱり添乗とか、長時間接している仕事だから感じるものなんだろうね。ちょっとあこがれます。

そんな深夜のネット徘徊娘のわたし。。。。
【2005/10/06 03:13】
| URL | どん #-[ 編集] |
こんばんわ。先ほどはうちのブログにコメントをありがとうございました。

添乗員のお仕事、いろいろ大変ですね。
確かに、いろんな人に出会えて、いろんな経験できる・・・でも、そうですね、別れもやってくるから。まさに一期一会。
できるだけ、その人たちとの出会いを楽しんで、心に残さなきゃいけませんね。

うちのネタ繋がりで悪いのですが、万博にもいろんな国の人たちが見えました。
皆、話す言葉も文化も違えど、「万博」という一つのテーマに期間中頑張ってお仕事されていたのではないかと思うのです。
閉幕して、皆さん帰国されてしまい、もう会う事はないし、施設も跡形もなくなってしまうのだけど、でも万博の楽しい思い出は心にずっと残ると思うのです。
写真やお土産、記憶に・・・。

きっと、これと同じでえびさんにもお客様として出あった人たちにも思い出はずっと残りますよ。だから別れの辛さ乗りこえて頑張ってくださいね。
【2005/10/07 00:34】
| URL | しらたまあんこ。(たま。) #-[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://abnikki.blog21.fc2.com/tb.php/33-8ce9927a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。