スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
これからハワイです♪
このあと、21時すぎに日本をたちます!
成田からこのブログに投稿するのも二度目になるな。

このところ、アジアへの旅行が続いていたので、今回のハワイはとっても楽しみです♪
しかもしかも、サークルの卒業旅行ですから、なおさら☆
9人で行ってきますよ~
テンションもつかな・・・
スポンサーサイト
【2006/01/31 19:55 】
旅行記 | コメント(3) | トラックバック(0)
うっうちのめろんぼんずがぁ!!
うちのめろんぼんずを見てください!!
手足がピンクになってるぅ(@_@;

流行のインフルエンザかしら・・・
なんて思ったら、「元気ハツラツ」だそうですぅ^^;

これからどうなっちゃうのかな。このコは。。
お友達で、手足が青くなっちゃってつコもいました。
それよりは、いっか。。

そぅそぅ、変なコトもしゃべります。
今日は「それってごく?」とか言われたし・・・意味が、わからない。

まっ、それがめんこいのです。

テーマ:ブログペット - ジャンル:ブログ

【2006/01/31 02:11 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
☆in北京☆
北京では、万里の長城、天壇公園、いわ園、故宮博物院 の 四つの世界遺産をはじめとし、さまざまな観光名所を訪ねきました♪

中でも、やっぱりすんごかったのは、
万里の長城!!

すんごいっすよ。。。

すんごくって、すごさがよくわからん、・・・この感覚、二度目です。

ナイアガラの滝を見たときも、大きすぎて、滝何だけど滝じゃないように見え、「へ~ぇ」くらいの感想だった。

でも、日本に帰ってきて、袋田の滝とか見に行って、比べると、
「やっぱりアレってすんごかったんだぁ!!!」
って、気付かされました。

とにかく、あんな巨大な防壁を、人の手によって作ったなんて、すごすぎです。

写真で見るよりも、やっぱ自分の目で見る、ってのが、いいですねぇ。
なんたって、360°見渡せますから。
また、気候の厳しさも実感できました。

さてさて、死ぬまでに世界の世界遺産、いくつ見られるかなぁ・・・?

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

【2006/01/25 10:44 】
旅行記 | コメント(2) | トラックバック(0)
まさに、人間渋滞。
1/22~1/26 北京を旅行してきましたっ☆

初日。1/22
前日が飲み会だったんだけど、頑張って早起き。

よぉし、行くぞぉ! 
ばりに、はりきって出発!!

なんたって、カンペキ一人旅ってのは、初めてですから。

ロンドン行った時も一人だったけど、旅行会社通してましたし。

リュックとコロコロを携えて、成田に到着☆

「なっ、なっ、なんじゃこりゃ~ぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」

前日の雪のせいで、成田空港は大パニック!!

人ごみで前にすすめないし
乗客同士ケンカしてるし
空港職員に事をたずねても、返ってくる答えは「わかりません」だし

とりあえず、私が並ぶべきカウンターの列(だと思われる列)に並んで、順番待ち。

チェックインまで、二時間以上待ちました・・・。
もちろん、出発予定時刻はとうに過ぎてしまってました・・・。

空港職員「まだ出発してませんのでご安心を」

そりゃそーだぁっ!!
これで「もぅ出発してしまいましたので・・・」
なんて言われたら、ブチ切れだぁっ

まぁ、そんなこんなで手続きを済ませ、搭乗口へ。
そこでも約1時間待って、やっと、搭乗。

んでもって、飛行機の中で二時間待ち。
搭乗するお客様を待っている・・・とかなんとか。

成田空港・・・ディズニーランドの方がよっぽど賢く順番待ちさせてるよ・・・。
と思いながら、イライラしてもしょうがないので、ガイドブックを見ながら「ドコ行こっかな~♪♪♪」

気付いたら寝てましたけど。そして、気付いたら空の上でしたけど。

んで、到着!!

おいおい・・・昼過ぎに到着する予定が・・・
真っ暗じゃぁん!!!!!

バスでホテルの近くまで行こうかな~なんて思ってたけど。
暗くて怖いので、タクシーでリッチな気分でホテルイン♪

さっそく、ハルピン行きの列車のチケットを手配しよう!と、フロントに。

なんと・・・すべて売り切れでした。

泣きそうになりながら、部屋に戻って・・・。

「よし、ずっと北京にいよう。北京を極めよう♪」

と思い直し、ホテルを延長してもらいに、再度、フロントへ。

延泊は即OKだったので、一安心。


なんだか、初日からタイヘンなコトになってしまいましたけど・・・
どーなるコトやら・・・♪

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

【2006/01/22 10:24 】
旅行記 | コメント(0) | トラックバック(0)
いってきまぁす♪
明日から、中国行ってきます♪
二回目の一人海外旅行。

今回は、航空券と、一泊目のホテルしか予約していない、行き当たりばったりのたびです!!

まぁ、だいたいの予定は決めてますが・・・。

空港からホテルはどうやっていくんだろ!?
中国ってチップの文化はあるのかな??

・・・さぁさぁ、今から調べなきゃ!

ペキンとハルピンに行く予定♪楽しみだな~

また、帰ってきたら旅行記書きますね

でわ~

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

【2006/01/22 01:20 】
旅行記 | コメント(0) | トラックバック(0)
出愛Ⅱ
今日は、添乗ですてきなご夫婦に出会った。

この記事、とても長いので、覚悟してください(笑)

そのご夫婦は、朝、横浜駅に二人、腕を組んで現れた。

「おはようございます!○○サンですね??」
とお声をかけると、
 ご主人様が、満面の笑みで、「そうです。えび○さん。おはようございます」
と、返してくださった。

 その笑顔を見ただけで、なんだか、気分が明るくなった。
 
奥さんのほうも、笑顔で「よろしくお願いします」と。

ほんとうに素敵な笑顔だったんです。

・・・なんとなく、ほんわかした空気が出てて、ほのぼのしてて、
すっごく「いぃご夫婦だなぁ。」って思った。

 バスに乗り込むときに、ご主人様が、「段高いよ、一段、二段、三段。」と奥さんに言っていた。

 「ん?」と思ったのだが、お席にご案内。

すると、ご主人様が、
「女房は、目が見えないんです。だからこうしてね、いつも付き添っているんですよ。」
と、ニコニコ。

私は。
驚いた。

お二人で現れたときには、まったく気付かなかった。

「そうなんですかぁ、一箇所、車の通る道を歩くときがありますから、そのときには十分ご注意くださいねぇ。」

 これくらいのことしか言えず。。

気の利いたことが言えない自分をもどかしく思っていると、

「大丈夫ですよ、一応添乗員さんには教えておかないと、と思いまして。」
とご主人様。
「私はね、目が見えなくなってから、自分のことができなくなっちゃったからねぇ。でもね、本当に今日は楽しみにして来たんですよー。」
と、奥様。

二人は、終始、笑顔なんです。

その後、何気ない話(旅行の話とか、私の添乗暦とか・・・)をして、私はそのご夫婦から離れ、自分の席についた。

まもなく、次のお客様が乗られる場所に到着。
次々とお客様が現れ、合計12名のお客様を向かえ、ツアーは開始。

今回のツアーは、伊豆に行って、イチゴ狩り、水仙鑑賞、アロエの花鑑賞、お買い物、というコースだった。

私は、お花の観賞が入ってるツアーで、実際に花が見ごろでないときには、
「もしお花が咲いてなかったら、みなさんの想像力で満開の○○を見てきてくださいね~♪」なんて案内する。
今回の水仙も、まだ4分咲きだったので、このようにご案内した。

その水仙鑑賞の場所に行ったとき、ご主人様が、
「添乗員さん」と声をかけてきた。
すると、奥さんが、
「ちょっと主人がね、具合が悪くなってしまったので、バスの中で待っていますね」
とおっしゃった。

ご主人が具合が悪くなったら、奥様もタイヘンだろうな・・・
いつも手を引いてくれているご主人様が具合が悪くなったら・・・

「もしバスに酔ったのであれば、外で座って待っていてはどうですか?」
と、外のベンチをすすめて、ご案内した。

そして、ほかのお客様を、水仙の群生地にご案内していたのだが、あのご夫婦をほうっておけなくなって、群生地が見えてきた頃に、
「では、このあたりで自由時間にさせていただきまーす!このままますぐお歩きくださいっ」
と言って、ご夫婦のところに戻った。

「ご迷惑おかけします」
と、奥さん。
奥さんは、まっすぐ私の方を見ているつもりなのだが、やっぱり、少しずれたところを見ている。
でも、まっすぐ、私を見ている。

「さっきね、バスの中で主人の手をにぎったんです。
そしたらね、ビッショリ濡れてたもんで。
具合でも悪いのかって聞いたら、バスに酔ったみたいだ、ってね。
長かったですもんねぇ・・・」

「添乗員さん、お昼食べてないんでしょう?
お弁当、召し上がってください。外にいれば具合もよくなると思いますから。」
 とご主人様がおっしゃった。

お言葉に甘えて、お弁当をいただいた。
お客様と同じ、おすしのお弁当。
あんまり豪華じゃなくて、種類も少ないし、正直、「いまいちだなぁ・・・」って感想だった。

早く食べて、ご夫婦のところに戻った。

すると、ベンチにはもういなくなっていた。

あたりを見回すと、具合がよくなったのか、二人で水仙のまわりを歩いていた。

その様子を見ていると、ご主人様が、
「添乗員さん、もう大丈夫です。ありがとうございました」
と、おっしゃった。

「まだまだお時間ありますから、ゆっくりしてくださいね」と言うと、

「添乗員さん」
と、奥さん。

「水仙がキレイなんでしょうねぇ・・・こんなにいい香りがして。
私はね、目が見えない分、ほかの人よりも想像力が働くんでしょうね。
本当にたくさんのお花を想像していますよ。
こうして外を散歩していると、本当に気持ちがいいものですねぇ・・・」
と、ニコニコ。

「さっき食べたイチゴも甘くておいしいし、お弁当のおすしもおいしいし、こんなお天気もよくて、本当に今日は楽しい一日ですよ」
と、ニコニコ。

幸せそうなお二人を見て、私は、以前見た、映画の「解夏」を思い出した。

解夏については、コチラ↓
http://www.takerutica.com/cinema/k/gege.html
http://www.motchy.net/vodafone_live/cinema/gege.htm


「解夏」の続きをみているような気分になった。

「解夏」は、ベーチェット病という病気に犯され、だんだんと目が見えなくなっていく主人公の、苦悩を描いた作品。
恋人とたくましいく生きていくのだが、やはり、目が見えなくなっていく恐怖におびえ、恋人に八つ当たりをしたりもする。

そんななか、あるお寺を訪れたときに、
「目が全く見えなくなったとき、それが、あなたの解夏です。」
と、老人に言われる。

「解夏」とは・・・?
行脚の修行の入りの日を「結夏」と言い、終わりの日を「解夏」と言うんだそう。
つまり、苦しみから逃れられるとき、ということ・・・。

失明という恐怖におびえている今が、一番つらいのであって、失明したら、その恐怖から逃れることになる。
ということだ。

この映画を見たとき、私は、よくわからなかった。

正直、あまり感動もしなければ、見てためになったなー、といった感想も、持たなかった。

でも、このご夫婦に出会って、この映画を思い返してみると・・・

「あぁ、こういうことなのか」って。

目が見えなくなっても、こんなに幸せそうに、生きているヒトがいる。

そして、その人と一緒に生きている、幸せそうな相手がいる。

 私は、このご夫婦が、どんな人生を歩んできたのか、全く知らない。
ただしっているのは、目が見えなくても、こんなにもニコニコしている、というコトだけ。

 あの映画は、ハッピーエンドだったのかな、って思った。
半分くらいしか理解できなかった映画だったが、このご夫婦に出会った今、もう一度見たい、と思えた。

 そのあと、ツアーは滞りなく進み、出発地に戻ってきた。

最後に、このご夫婦とお話をした。

奥さんは、「本当に今日は楽しかったですよ。ありがとう。最高の旅行でした。」
と言ってくださった。

「いえいえ、こちらこそありがとうございました」
私は、ことばにつまりながら・・・
「なんだか、お二人を見ていて、・・・なんといっていいか。
本当によかったです。感動しました」
とか、わけのわからないことを言っていたら、

奥さんが、
「添乗員さんは、まだお若いんでしょう?生きてるとね、なにがあるかわからないですよ。
つらい事もあるでしょう。
でも、それを乗り越えれば、続いていくんです。
そしたらね、今日みたいな楽しい日もあって。
だから、頑張ってくださいね」

そして、

「私に逢ったヒトは、みんな幸せになるわよ」

とおっしゃった。


感動した。

ほんとに、感動した。

目が見えないというだけで、周りからは、
「タイヘンだろうな」とか、「お気の毒」とか、「かわいそう」とか、
そう思われがちなのに、
その人が、「私に逢ったヒトは、みんな幸せなるわよ」って。

私には想像もしえなかったコトバが・・・。


バスを降りていったご夫婦が、見えなくなるまで、見送った。

「またお会いしましょう」心から思った。


こんな素敵な出逢いをくれた、添乗という仕事に、本当に感謝。
そして、この仕事を誇りにも思う。

添乗員をやっていると、出逢いも多いけど、その分、別れも多い。

そのことにくじけそうになって、本当に悩んだときもあった。
この仕事を続けていかれるのか・・・「辞めたい」とまで思ったこともあった。

でも、思ったのは、出逢いは、別れよりも意味を持つものだなってこと。

このご夫婦に出会って、私は、少しだけでも、成長できた気がする。
また、力をもらった。精神的に、強くなれたかな。

そして、幸せになれる気がした。

幸せにならなきゃいけない気がした。

将来、誰かと結婚して、あのご夫婦みたいに穏やかに、幸せそうに過ごしたいなー、と思う。


なんだか、文章にしてしまうと、価値のないものになりそうな気もしたけど、記録しておきたいな、と思ったので・・・。

では、これから「解夏」のDVDでも借りにいってきまーす♪
【2006/01/11 23:33 】
添乗記 | コメント(3) | トラックバック(0)
新記録達成☆☆☆
添乗行ってきました~!!

「三浦半島七福神めぐり」

なにが新記録かというと・・・
①お客様の人数
②ツアー解散の時間

なんとなんと、団体バス旅行なのにもかかわらず、
お客様 8名!!

朝8:00くらいに出発し、三浦半島をめぐり、帰った時間、
なんとなんと・・・

4:30!!!

ありえん・・・こんなラクチンなツアー。。

これなら、割りに合う給料もらってるな、と思えます(笑)

だって、日給8000円だから、時給にすると1000円ですょっ!

これだから日給って怖い・・・。
前には、こんなツアーもありました。

朝は4:00出発。宿に着いたのは19:30。
次の日はまた早起きで、8:00には宿を出発。
で、帰ったのは夜の22:30をまわるころ・・・。

これって時給いくらなんでしょ・・・

考えると嫌になるのでやめましょ(笑)

テーマ:ありえない! - ジャンル:就職・お仕事

【2006/01/08 23:33 】
添乗記 | コメント(1) | トラックバック(0)
七福神って?御護摩って??
添乗に行くのが決まり、お勉強をしました。
なぜか、というと・・・
七福神ってなに?御護摩ってなに??御朱印ってなに???納経ってなに????・・・状態だったから。。

去年は、この時期あまり添乗に行かなかったので、初詣で神社を訪れたり、七福神めぐりでお寺を訪れたりする機会がなかったんです。

初めて、神社やお寺がメインのツアーに行くことがきまりました。

明日は「三浦半島 七福神めぐり」ツアー。
あさっては、「成田山新勝寺の初詣」ツアー。

添乗に行くときは、まず、旅行会社から渡される、「指示書」というものに目を通します。
そこで疑問があれば、旅行会社の人に聞けばいいのですが・・・

わからないコトだらけで、困っちゃいまして、・・・何も聞けずに帰りました。

「御朱印の希望があれば、専用色紙をご購入いただき、添乗員がまとめて御朱印をうけてください」
とか。
「御護摩の希望は、12:00までにFAXで数などをお知らせください」
とか。
「納経の希望があれば、添乗員が付き添い、行ってください」
とか。

なんや、さっぱりわかりませんです。

って感じだったので、久々にガッツリ勉強しました。

別に、仏教徒じゃないし、よくわからないことがおおかったのですが、なんだかチョット勉強になった気がします。

チョット大人になった気がします。

チョット得した気分です。

・・・やっぱり、勉強って楽しいですなー



さてさて、みなさん、七福神の神様たち、みーんな言えますか??
恵比寿様、大黒天様、・・・??

テーマ:仕事の勉強 - ジャンル:就職・お仕事

【2006/01/06 22:13 】
添乗記 | コメント(2) | トラックバック(0)
アランドロン
うまそ~な、コレっ!!

20060104170310



「アランドロン」といいます♪

カレーの上に円錐の形になったライスが盛られ、その上に、たっぷりチーズの入った、揚げハンバーグゥ・・・
ナイフを入れるとチーズと肉汁がどろんっと流れ出てきます!

・・・おいしいんですよね~コレ。

実家に帰ると、必ず食べたくなります。美味小屋「蛮」というお店の看板メニュー。
東京で食べたら、1500円はするだろうなぁって料理。

1050円です!
うまいです!!
何度も食べたくなります!!!

青森県は下北半島に来たときは、ぜひお立ち寄りくださいませ~
【2006/01/04 17:03 】
旅行記 | コメント(1) | トラックバック(0)
スノボ♪
いま、実家に帰省中♪
毎日だらだら生活。太って帰りそうです(^^;)

そうそう、昨日ね、スノボに行ってきたんです!!

今シーズン二回目☆

一回目は、夏にアジアに一緒にいったヒトたちのうち、10人と一緒に行ってきました。
長野の戸狩温泉というスキー場。
楽しかった~。

とはいっても。このときは、ほとんどファンスキーやってました。

小さな頃から父親にスキーを教えてもらっていたので、結構滑れちゃったりして・・・♪

でもスノボは・・・・。。。。

まったくダメ(^^;

左にしか曲がれなかったりして。


それで、なんか悔しくて、実家に帰ってスノボをしに行ったワケです。

やっぱり雪国だと、スキー場が近くていいですね♪
家から車で15分くらいの距離です。

でも、リフトが二本しかない、小さなスキー場です。
ま、初心者にはちょうどいいので大満足!!

何年かぶりにスキー場に行ってみたら、感動!!!!!!!

なっ、なんとっ!!

リフトが二人乗りになっているではありませんかっ☆☆☆

そう。地元のスキー場「釜伏山スキー場」はリフトが二本、ともに、一人乗り。
もちろんリフトにフードなんてついていない。
しかも、ガタガタゆれる、ゆっくりリフトだったんです。

それがっ!今回行ったら、二人乗りになっててビックリしましたぁ!!

しかも、のりばにはコンベアみたいなのがあって、
リフトに乗るときの衝撃(ひざかっくんみたいな)をやわらげてくれるんです!
地元にマックができたのと同じくらい、
鶴川にスターバックスができたのと同じくらい感動しました!

ってなワケで、スノボを楽しんできました♪

二時間という時間制限のある中、けっこう上達しました♪
まず、リフトからこけずに降りられるようになりました!
山側を向いて止まれるようになりました!!
右に曲がれるようになりました!!!
ターンを何度か続けられるようになりました!!!!

やっぱり、できないことができるようになっていくのは、とっても楽しいです♪

もっとスノボしたいぃぃぃぃ!!!

一緒にスノボ行きたいってヒト!この指と~まれっ☆
【2006/01/03 22:37 】
旅行記 | コメント(0) | トラックバック(0)
自分通信簿~12月~
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
健康…4(ちょっぴりアレルギー症状によるくしゃみが・・・。でも、だいたい健康でした!)

仕事…4(居酒屋のバイトもがんばりながら、新しく配膳の仕事もやってみました。配膳をやると、今までやっていた居酒屋と比べることができます。とてもいい経験です。)

趣味…2(うーん・・・本番に向けての練習が足りなかったな・・・)

友情…4(楽しく遊べました♪やっぱり、自分に余裕があると、聞き上手になれるものですね。)

家族…4(ドッキリ企画!?で、大晦日に実家へ帰りました♪喜んでくれて、よかったよかった)

勉強…2(英語を勉強しようと決めたのに、あんまりやっていませんでした。来月から、気持ちを入れ替えてがんばりましょう)

さいごに、来月に向けて。
12月は、とにかく、バイトをがんばりました。なんのためにお金をかせいでいるのかが、大切☆目標を見失ってしまわないように、気をつけましょうね!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
【2006/01/01 17:58 】
自分通信簿 | コメント(0) | トラックバック(1)
新年明けました!
あけました~!!おめでとうございまして。

今年も例によって(?)、実家で年越しいたしました♪

実家で新年を迎えるのも、来年からはなかなかできなくなるのかなぁ・・・なんて思いつつ、まったりTVを見ている新年です。

さぁ、今年は。。。
私は何をしているのかな

どんな一年になるのかな

何をがんばろう

・・・そんなことで、とりあえず、今年の抱負を考えてみる。

<今年の抱負>
①お金をためる
②英語を勉強する
③慎重な行動を心がける

こんなトコでしょうか・・・

2005年は、とっても長かった気がします。
なんででしょう・・・
いろんなコトに挑戦したから?それとも。ヒマをもてあましていたから?

年をとると、時がたつのが早く感じるといいますが、私は大学生になってから、この2005年がイチバン長く感じています。

いろいろあったな~ぁ・・・。

来年も、何事もなく過ぎてしまうのではなく、
常に何かを目指して行動しよう、と思います。

それが、イチバンの目標だったりして。

みなさん。今年もよろしくお願いします♪
【2006/01/01 00:59 】
未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。