スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
居酒屋バイト
大学生になってから、ずっと居酒屋でバイトをしている。
一年生のときはイタリアンな居酒屋。そこがつぶれてしまい、今の店でバイトを始めたのだが、もぅ早いもので二年がたった。
この二年間でこのバイト先で知り合った人は、もぅすでに100を数えようとしているだろぅ。
だって、入れ代わり激しいんだもん。くそ忙しいからかな?
まぁいいとして。
昨夜は九月に新しく入った新人サン達の歓迎会。

と言っても、私はあまり新人と話をせず、おなじドリンクを作るポジションを担当している先輩とずっと話していた。

この先輩と話すと、いつも思う。

たかがバイト、されどバイト。

私は、なんにも考えず指示されたドリンクを作れば、時給1000円もらえる。
でも、逆に考えれば、時給1000円もらうんだから、それなりのコトをしなければいけない。

お金をもらうには、利益を生み出さなければいけない。
たどっていけば、お客さんの払ったお金が私たちの給料になるんだから。

利益を出すにはどうするか?

答。お客さんに満足していただく。

一言で言えば簡単なんだけどね。
お客さんと直接会話をしない、お客さんの顔を見てありがとうを言えない、お客さんの表情が見えない。
そんな裏方の私たちにできることって??

とりあえず、ドリンクを早く届けること。

でも、これだけじゃだめ。他にもたくさんある。

お客さんのニーズに合わせて作る。
そのニーズをうかがう手段は、お客さんのしてくる注文。

どんなドリンクを飲んでいるか、お客さんのドリンクを注文する頻度、グループの人数、座っている席…。
数少ない情報からニーズを最大限、推測する。

そして、作る。作る。。作る。。。


明日は、自分のバイト先にお客様としてのみに行きます。
お客様の視点で自分の店を見る、いい機会デス♪
スポンサーサイト

テーマ:思ったこと。 - ジャンル:就職・お仕事

【2005/10/30 01:18 】
未分類 | コメント(3) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。