スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
知らずに言うな
こういう人がいる。
「~人とは付き合うな」
「~人はろくなやつじゃない」
「~人はダメだ」

~には全部国の名前が入ります。

いるでしょ、こういう人。

3月にフィリピンに言って、一ヶ月間英語を勉強してきました
先生はフィリピン人、生徒は私の他はみんな韓国人。

韓国人に対して上にあげたようなことを言ってる人もいる。
でもさ、そんなこと言う理由って、歴史のこととか政治のこととかが理由でしょ。
それを理由に「~人は…」って言わないでほしいな。
~って国はダメだ、とかいうならまだ分かるよ。でもそこに住んでる人を否定するのは間違ってるよね

英語学校でたくさんの韓国人と知り合って親しくなって、わたしはすごく思いやりがある優しい人たちなんだなぁと思った。礼儀正しい人なんだってことも知った。日本人とかわんないなぁと思った。ものすごく韓国人が好きになった。

フィリピンで勉強するにあたって、少しフィリピンと日本の関係・歴史を勉強した。
日本が占領してた事実があった。
でも、フィリピンの先生たちは、日本人の私にも親しく接してくれて、他の韓国人の生徒と変わらない扱いをしてくれた。
ある先生に思い切って聞いてみた。

日本をどう思ってますか?

たくさんのフィリピン人が日本人に殺されたし、ひどいめにあわされた。でも、日本をうらんだりしてない。今、フィリピンには多くの日本車、日本の電機製品がある。日本の技術のおかげで発展してきた。ありがたいと思ってる。歴史より今の関係がいいから、日本にたいしてはいいイメージを持ってる。

こんな答えだった。

先生は、続けてこういった。逆に、日本人はフィリピン人をどう思ってますか?日本人は、フィリピンと聞くと、日本で働くフィリピン人のイメージを持ってるんじゃないかな。風俗やパブで働く女の子、いっぱいいるでしょ。フィリピンパブって日本にいっぱいあるって友達からも聞いたし、ニュースでもやってる。
私こういうの嫌。
フィリピン人の女っていうだけで悪いイメージあるの嫌。
でも、日本で働くフィリピンの女の子も、そうしたくてしてるんじゃない、フィリピンには仕事がないし、生活のため、家族のため。物価の高い日本で稼げば、家族の生活は保証される。だから、やりたくなくても日本に行ってそういう仕事をするフィリピン人がいっぱいいる。
だから、日本人もこのことを理解して、フィリピンにたいしての悪いイメージを持たないでほしいな。


こんなことを言ってた。
確かに、フィリピンに対して先生が言ったようなイメージを持ってる人は多いよね。

とにかく、国の歴史とか政治とか一部の人とかを見て「~人はこうだ」って言うのはよくないなって思った。それだけ。


スポンサーサイト
【2008/08/09 10:30 】
エクスポージャ | コメント(0) | トラックバック(0)
さみしいこといっぱい。
今日は、予定がなくって久々に町田に行ってきました。
なーんか変わっちゃってたよ・・・
3年位前に、近くに住んでてバイトもしていた場所だから、
ほとんど毎日のように行ってたからさ、変わってて妙に寂しくなった。

町田で遊んだり、飲んだり、バイト行ったり、買い物したり。
こういうコトしてても、決まって5時になるといく場所があったんだけど。
小さな広場で、時計があって、区切りの時間になると音楽がなって楽器を持った人形たちが現れるの。
今日も買い物をしていて、5時になりそうだったから、走ってそこにいったんだ。
そしたら、時計がなくなってた。

いっつも聞いてた音楽ももちろん流れなくて。
町田が町田でなくなっちゃった感じがした。

あの広場はホント色々なことがあって、いろんな思い出のある場所だったからさ。

時計が壊れて音楽が鳴らなくなってたのは知ってたけど、いつか直してくれるだろうって思ってたから。
悲しかったなー。。。

でもやっぱ町田は好き☆よく知ってる町だし、これからもたまには行こう。

なーんかこれだけじゃなくってさ、最近さみしいことが多い気がする。
うちから3時間くらいのトコに住んでるおばあちゃんのコトとか。
アメリカに住んでた知り合いのコトとか。
実家のコトとか。

知らないうちに変わってくのが寂しい。
しかも良くない方向に。

だから、知らないうちに変わってほしくない人とか、ものとか、場所とかは、自分でちゃんと見ておきたいって思うのかな。

でもそれができないとどうしても寂しくなったりで。

寂しさまぎらわすにはどうしよう。
忙しく働こう、働こう。

今週末は久々に添乗に行きます。
それに向けて・・・!
【2006/10/15 23:08 】
エクスポージャ | コメント(0) | トラックバック(0)
ちょっと幸せになる方法
きょう、チョット心を入れ替えました。
久々に会う友達と話をしたのがきっかけだったのかなぁ・・・?
それとも、aikoの曲をじっくり聴いたから??

久々の更新だな、コレ。
書き留めておこうと思うことが、久々にあったのでね。

とにかく、だめな自分に気づて。
自分の考え方ひとつで、同じ出来事でもイライラする方向にもっていってるなーと思ってさ。

なかなか自分の思うようにいかないコトが多くてイライラしたり悲しかったりつらかったりしてたんだけど、
思うようにいかないことばっかり考えてたらダメだぁと思いました。

友達からメールが返ってこない→なんで返さないの~イライラ・・・じゃなくて、忙しい中でも私がヘコんでる時とかは会いにきてくれるコだ、この子は。いつもありがてぇとか

楽しみにしてた飲み会ドタキャンになったぁ→でも、誘ってくれてありがとー。とか

思うようにいかなくても、そんなん当たり前で。
人 対 人 なんだからさ。

って。
思うようにいかない時ほどその人に対してありがとって思えるようにしようと思った。

そう思ったら、見えてなかったところにもありがとうって思えることがイッパイあって。
ちょっと幸せになりました。

いやぃゃ、かなり幸せになりました。

「ありがとポイントを見つける」をテーマ(?)にこれから気持ちを入れ替えてきます。

感謝の気持ちでイッパイになるとこんなにも幸せになれるんだぁって実感したところで、今日はおやすみなさい・・・☆☆☆
【2006/09/14 00:04 】
エクスポージャ | コメント(1) | トラックバック(0)
私が仕事に求めることって
ヤリガイとか、自分の成長とか、そいういうことなんだな、って実家している今日この頃です。

今、昼間にやっている仕事って、すんごいラクチンなんです。

最初は研修で覚えることが多くて少しあせったけど、今はすんごいラクチン。
こんなんで時給1400円ももらえるなんて、って思うぐらい。

でも、今月末で辞めます。

イチバンの理由は、ヤリガイがまったくない、ってコト。

そして、この仕事をしていても、将来自分のためにならないな、って思うこと。

やっぱり、仕事って、生活の大部分を占めるから、私はお金のためって割り切れなかったみたい。
はじめは、お金がタンマリかせげればそれでいーやって思って、この仕事を選んだんだけどね。

つらくて何度も辞めたいとか思ったけど、やっぱり添乗が楽しい。やりがいがある。
そして、私は添乗員なんだって、胸を張って言える。
自分の仕事を誇りに思える。

コレってすんごいダイジなコトだったんだなぁ・・・って、つくづく思いました。
【2006/05/18 23:31 】
エクスポージャ | コメント(0) | トラックバック(0)
今年な出来事
「今年な喜怒哀楽」

さぁ、いってみよぅ♪

今年な「喜」
1、自分がツラくなってるときに、元気付けてくれる友達がいっぱいいるコトに気付いたこと☆
 やっぱり、友達って大切です。

2、お客さんから写真が送られてきたこと!
 添乗員という仕事をしていてよかったなぁ、と思う瞬間です♪
お客様たちの思い出の中に、私がいてくれると思うと、つくづく素  敵な仕事だと思います。
 これからの人生、添乗員以外のコトをやるかもしれない、でも、ヒトの素敵な思い出のお手伝いができる仕事を続けて生きたいと思っています。

3、念願のアンコールワットが見られたこと!
 世界遺産マニア(?)としては、このアンコールワットを見た!ということは、かなり嬉しいことでした!!
 石の寺院なのに、キラキラ輝いて見えましたし☆☆☆
 すばらしかった・・・ 

今年な「怒」
1、旅行会社に対して
 旅行会社側のミスでお客さんにご迷惑をかけ、それを添乗員である私が代わりに謝ったのにもかかわらず、旅行会社のひと達は私になんの一言もくれなかったこと。
 もちろん、こんな会社ばかりではないですよ。
 「ご迷惑かけました」とか、「ありがとう」とか、「ご苦労様」など、言ってくれる会社(社員?)もいます。
 これ以外にも、旅行会社に対しては、本当に「怒」を感じることが多いです。

2、ヒトを殺すヒトがいること
 カンボジアに行き、ポル・ポトの行った大虐殺に、とても怒りを感じました。
 それだけでなく、ニュースで連日報道される、殺人事件。
 もう辞めましょうよ・・・

3、

今年な「哀」
1、仲間が離れていったこと
 サークルで仲良かった後輩が、やめてしまったり。楽団でお世話になったヒトがやめて行ったり。
 サークルの後輩に関しては、ヒトってこんなにも変わってしまうのか・・・と本気でヘコんだりもしました。

2、祖母が亡くなったこと
 父親の産みの親がなくなりました。それでも、遠くに住んでいる私は、青森まで帰るコトも出来ず、なんか、哀しかった。
 ヒトが死んでいくのは、あたりまえなんだけど、やっぱり、哀しいものです。
 病気や事故で死んでしまった高校の同級生を思い出しました。
 生きていれば、同じ歳なはずの子達のことを思うと、哀しくなりますね。

3、伝えたいコトを伝えられていないコト
 キモチをコトバにするっていうのは、本当にできないもんだなぁ、て思いました。
 一番伝えたいこと、伝えなきゃいけないことほど、難しい。
 感謝にしても、「ありがとう」ってだけじゃ物足りなさを感じたり、
 謝るにしても、「ごめんなさい」じゃ言い尽くせなかったり、
 コトバよりも、カラダ全体で、感情を表現できるようなヒトになりたいです。

今年な「楽」
1、なんといっても、ベトナム・カンボジアを約70人の仲間と旅したこと!!
 ほんっと楽しかった!貴重な仲間に出会うことができました。
 そして、貴重な体験をたくさんして、「物事を考える」いいきっかけになりました。

2、卒論を書き終えたこと!
 「終わりに」ってワープロで打った時、ほんっと感動しました☆☆☆
 
3、やっぱり、定期演奏会♪
 一年の締めくくりともいえるでしょう♪
 演奏会、何度やっても、楽しいもんです!
 同時に、あんまり練習できなかったふがいなさ、後悔も感じましたが・・・。
 来年は気合いれていきまっしょ~!!!


と、いうことで、どんなに考えても、「怒」が思いつきません^^;
【2005/12/23 12:12 】
エクスポージャ | コメント(0) | トラックバック(0)
2005年もあと少しですね
さてさて、あと一週間で今年も終わり。
もうこんな季節ですね。

今年、なんだか、私にとっては、とっても大事な年だった気がする。

小・中・高・大学の16年間の学生生活を終え、来年4月からは、社会人になります。・・・といっても、就職はしないけど。あっ、あと、卒業できればね。

今年は、
「来年からどうしよう・・・」

そのコトを常に考えていた気がする。

漠然と思っている、「添乗員をやりたい」
本気で思っている、「自由でいたい」
強く思っている、「海外で生活してみたい」


この三つを見事にかなえてくれるのが、「フリーター」という道。

一人暮らしで、タイヘンなことはわかっている。

でも、やっぱり、若いうちにしかできないことを精一杯、後悔しないようになりつくそう、っていうのが、今一番思うこと。

よぉし、金ためるぞぉっっっっっっ!!
【2005/12/20 11:04 】
エクスポージャ | コメント(0) | トラックバック(0)
けっきょくは、マナーでしょ。
私はタバコを吸わないし、吸ったこともない。
また、吸いたいと思ったこともない。

最近、駅も完全に禁煙になったり、条例で歩きタバコは罰金になったり、あらゆるところで分煙化が進んだり、喫煙者にとっては肩身の狭い状況になってきている。

確かに、私も、タバコの煙で不快感を感じたことはたくさんある。

歩きタバコをしている人の後ろは歩きたくない。

・・・だからといって、
タバコを吸う人を嫌っているわけではない。

タバコをすうのは、身体に悪いから、友達にはあえて勧めたりはしないが、吸っている人たちが、それでいいならいいんじゃない?
こんなカンジ。。

あめとかガムとかと一緒。でも、身体に悪い煙が出る、っていうのが違う。

だから、分煙化が進んだり、歩きタバコ禁止の条例ができたりする。

でも、そもそも、みんながマナー守って、人の居るところでは吸わない、常識的に考えて吸ってはいけないところでは吸わない、というようにしていたら、こんな状況にはならなかったはず。

マナーが悪いから、制限されることができてくる。


さいきん、マナーの悪さを指摘されているのが、
   携帯電話

電車の中では通話はしない、とか、優先席付近では電源OFFとか、
もうすでに「制限」は始まっている。

でも、考えてみれば、まぁ当然のこと。
電車の中でも平気で通話をする人がいて、それを不快に思う人がいるからこんな「制限」ができた。

そしたら・・・歩きながら電話する人に不快感を覚えたり、
       ホームで通話する人に不快感を覚えたり、
       レストランで携帯をいじるヒトを見て不快感を覚えたり、
       
こうやって不快に思うヒトが声をあげたら、もしかしたら、「歩き電話禁止条例」とか、「携帯電話通話用電話BOX」とか、「携帯メール使用スペース」なんてものが、この世に現れるんじゃ・・・?と思ってしまう^^;

こんなんいやだね(笑)

マナーって大事ですね;
青森県には「迷惑行為禁止条例」なんてものがありますょ。
ねぶた祭の「カラスハネト」をなくす目的でつくられたものだけど、
条例の名前だけ聞くと、バカげてますよねぇ・・・

テーマ:思ったこと、考えたこと - ジャンル:ブログ

【2005/12/08 03:07 】
エクスポージャ | コメント(2) | トラックバック(0)
ワタクシ、ケッコンシマス!!
・・・なんてことになるのは、何年後でしょうね。

結婚して、幸せな家庭で、カワイィ子供にめぐまれて。
こんな風に、結婚に憧れるキモチは、すごくある。

でも、やっぱ、まだまだ現実じゃないなぁ・・・と思ってしまった。

まだ、ひとりでいたい。
自由でいたい。
平気で家をあけられるような生活がいい。

こうも思うし。

それより、今日感じたのが、私は、まだ自分が結婚できるにいたっていないな、と。

まだ自分をよく知らない。
もっと上手に恋愛できるようになりたい。
きっとまだ男を見る目がない(笑)

なんとなく、ふと、思ったんだけどね。

結婚して、養ってもらって、私は家で元気な子供を育てる。
そんな幸せも、いいけど。
一度、そんな生活を手に入れたら、もうその前には戻れない。(離婚という道もなくはないが・・・)

それはそれで、幸せなんだろうな、とは思うけど、

私にはまだまだやりたいことがいっぱいいっぱい、ある。

それからでも遅くはないのかな。
後悔するのはいやだし。

まぁ、こんなコトを考えても、まずは相手がいないと♪

恋愛するのめんどくさぁい!!とか言ってる今の状況じゃぁ、当分ないでしょうね

とりあえず。
今はひとりを満喫しよう!!!

あー・・・でもそろそろクリスマスか。。

テーマ:恋愛・結婚について思うこと - ジャンル:結婚・家庭生活

【2005/11/19 00:49 】
エクスポージャ | コメント(4) | トラックバック(0)
想像力をかきたてられるもの
さいきん、写真を見る機会がとても多い。

ツアーのお客様で、写真好きなお客様が送ってくれた写真。
親戚のおじさんが撮った、風景のキレイな写真。
一緒にカンボジアを旅した友達が、学園祭に展示していた写真。

なんとなく、写真ていいな、と思う。

見ていると、いろんな想像が膨らむ。

写真に写っていない部分はどんな風景なんだろう。
この写真を撮ったヒトは、なぜこの場面を撮ったんだろう。
その場所の、音・におい・ヒトの温かさ・・・。

実際にその場所にいなかたからこそ、自分なりの想像を楽しむことが出来る。

撮ったヒトが伝えたかったコトと、必ずしも同じだとはかぎらないと思うが、そこがまた面白いのかなとも思った。

私もヒトをひきつける写真をとってみたいな、と思う、今日この頃です。

テーマ:気になる - ジャンル:趣味・実用

【2005/11/08 13:01 】
エクスポージャ | コメント(0) | トラックバック(0)
えんじょこうさい
援助交際について考える機会があった。そもそも援助交際ってなんだろう?
はてなダイアリーによると、
管理や強制なしに、ある人が金品を代償に、他者の性的な部分を売買することを前提として成立するコミュニケーション

という定義になっていた。

一年生のとき、援助交際について考える本で援助交際をしている高校生へのインタビューも交えた参考文献を読んで、レポートを書いたコトがある。
コチラ↓


なかなか、興味深かった。
印象に残ったのは、やっている大半の高校生は悪気がなく、『なにがいけないの?』というようなコトを語っていたこと。

真面目そうに思える高校生がやっている、という現実。

高校生たちが、口々に『親には悪いと思っている』などと語っていたこと。

悪気はないのに、なぜ親にたいしては悪いと思うんだろう??
3年前に書いたレポートでは、これについて考えた。

今日は、援助交際がなぜなくならないんだろう??ということについて、考えたいと思う。
買う大人がいるからなくならない。という人がよくいる。
確かに。
需要があるから供給がある(表現がふさわしくないかもしれないが・・・)。社会の常だ。
良識ある大人なら、風俗に行けばいい。
犯罪じゃないかたちで性欲を満たせばいい。
買うヒトたちに言わせれば、それじゃダメなのかもしれないが。
援助交際をする女の子達は、そのときおかねが欲しいから、という理由でするんだろう。
きっと、恐さを知らないんだと思う。
やはり、ここは買う大人が改めるべきでは?と思う。

もう一つの理由に、いわゆる『出会い系サイト』の存在があると思う。
ここでは、援助交際をしたい男性が相手を募集しているそうだ。サイトに高額のお金を払って。

一方の、それを見る女性側はどうだろう?
たいていが、女性は無料なのだそうだ。
つまり、援助交際の相手女性を求めている男性の情報を、女性は無料で知ることができる。
しかも、簡単な個人情報を入力し、会員登録をするだけで。

援助交際へのトビラは、すぐそこ、目と鼻の先だ。

インターネットで“出会い”と検索してみたら、ほとんど出会い系サイトがヒットした。
これだけこういう類のサイトがネット上で氾濫している。
そして、援助交際の相手を求める男性の情報も、氾濫している。

チョットやってみようかな。

これくらいの気持ちで、スグできるようになっている。
(実際に援助交際を求める書き込みをすると、平成15年9月13日に施行された「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」(出会い系規正法)により、罰金などの処罰がある。実際にどれほどの効果があるものか・・・)

簡単に援助交際に手をのばせる環境を改善しなければ、援助交際をする女の子はなくならないと思う。

そのためには、出会い系サイトを運営している側をもっと厳しく規制(法律があるだけではダメ。)するべきだと思う。

 
 さぁ、その前に・・・
なぜ、援助交際はいけないことなんでしょう??

 改めて考えると、私は、一言でバシッと答えを出せませんでした。


参考→出会い系サイト規正法

これから読んでみようと思う本 ↓


なんだか、レポート風になっちゃいましたね。。

テーマ:考える - ジャンル:その他

【2005/11/08 00:39 】
エクスポージャ | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。